企業の成長に欠かせない社内管理の体制を整える意義

社内環境を整える新しいビジネスシステム

スタートと成長の図式

事業開始の考え方

今の時代、商売を始めることはアイディアひとつでいくらでも挑戦できるようになりました。インターネットとノートパソコンさえあれば、オフィスを借りなくても自由にビジネスを展開できる時代です。つまり、自分一人で会社にとらわれない働き方を選ぶこともできるようになったといえます。
もちろん、お店で修行をしていずれ独立を果たすようなケースも、商売を始めるという言葉の形としてはひとつの例です。むしろ、この形のほうが一般的なイメージだとも考えられます。
いずれにせよ、何らかの形で事業を始めることができるという意味ではハードルは下がっていて、その選択肢は広がっているということを考えることが大切です。どこかに雇用されるのではなく、自分で商売を始めることに挑戦した段階で、事業を開始したと表現できます。

二種類の選択肢

事業を始めようと決断して行動するなら、その事業の展開には大きく分けて二種類の選択肢があります。ひとつは、個人事業主という選択肢。そしてもうひとつは、株式会社という選択肢。厳密に分ければもう少し選択肢はありますが、ほとんどの場合このふたつの選択肢から道を選ぶことになるのが、起業を指導するコラムなどにおいては一般的です。
いずれの選択肢でも十分な有用性がありますが、もしも将来的な成長が十分見込める、企業としての体裁が重要だと考える、そういったプランが有るなら株式会社を選択するほうが良いです。もちろん、その道を選ぶことで法人税や役員報酬などの大変な部分も生まれますが、株式会社には余りある魅力があります。
その魅力として最も大きい要素が、信頼度が高いということです。株式会社を設立することの意味はここにあると言っても過言ではありません。個人事業主では取引できない相手も、株式会社なら取引ができるようになります。また、融資を受ける際にも株式会社のほうが有利だという特徴があります。ですから、大きなビジョンを持つなら株式会社で挑戦するほうが望ましいです。

成長を成し遂げる

株式会社として出港して時が経ち、業績も上昇したなら、さらなる成長を望むのは経営者として自然なことです。この時に考えておきたいのは、社内管理の体制です。企業の規模の大小を問わず重要な問題ですが、成長にともなって大きくなった企業にはことさら重要度が増すのが社内管理の体制です。
業務や品質、会計、多種多様な部分に管理するべき部分が現れることは間違いありません。経営者の計画通り企業が船を進められるためには、社内が正しく管理されていることは絶対条件です。
また、社内管理の重要性があらわになるタイミングとして、株式上場を検討する時期はその一例です。会計情報をこれまで以上に正しく取り扱わない限り、投資家に関与してもらえる株式上場を成し遂げることは不可能です。この段階まで来たなら、社内管理には確実に専門家が必要です。
専門家の力を借りて成長を成し遂げることは、様々な部分で重要なこととして扱われています。その中でも最も重要なことの一つが、株式会社の株式公開による上場のタイミングです。ここでは、監査業務を外部に委託して、会計監査を会計士に行ってもらうことが非常に重要です。
これによって金銭面に関して社内管理のテコ入れを行い、監査の導入を通して成長を成し遂げる力にできます。

成長の起爆剤

監査を受けることは、株式上場を行うにあたって欠かせない取り組みです。その理由は、監査の機能と株式上場を行うことに連動している部分があることです。株式上場による成長の起爆剤を投入するなら、監査から始める必要があります。

▶ READ MORE

スタンバイする時期

監査は株式上場で企業を成長させるために必須ですが、そのスタンバイをする時期は早ければ早いほど良いです。時期によってやるべきことが変わってくるため、どのように監査法人と連携するべきかを知ることは欠かせません。

▶ READ MORE

内部についての調査

監査という言葉を聞いてまず浮かぶのは、財務諸表をチェックする会計監査だということも多いはずです。成長のためにはそれだけでなく、内部監査を行うことも大切ですから、広い目的と意味の存在に目を向けたいところです。

▶ READ MORE

会社を蘇らせる

監査を取り扱っている専門の監査法人に相談をすれば、もう立ち行かないと思われるような事業を再生するために必要なアドバイスを受けることもできます。すなわち、事業再生支援という分野においても、監査が活躍できる部分があります。

▶ READ MORE

戦略を練る

タレントマネジメントを成功させようと思えば、まず、その企業の方向性や戦略を明確にすることです。そこには当然、未来志向の見通しが必要になりますが、誤ってはいけません。

▶ READ MORE